私たちの研究の最終目標は、工学的なアプローチを基にヒトや動物などの生体を「ヒトの手で再現する」ことです。私たちはその代表的な例として、親指ほどの小さなチップ上に再現してしまう「Body on a Chip(ボディー・オン・チップ)」の研究・開発に取り組んでいます。私たちの研究は、創薬や再生医療、更には野生動物保全にも貢献することができます。

亀井グループでは、一緒に研究する方を募集しています!新しい研究分野や常識にとらわれないチャレンジャー、大歓迎です!研究室見学や参加してみたい方は、気軽に亀井までご連絡ください。

【中高生の皆さん】

中高生の皆さんには、研究者の日常ってイメージしづらいかもしれません。こちらのページでは、亀井の研究者になろうと思ったキッカケや、日常について紹介されています。是非、御覧ください。