ナノファイバー細胞外マトリックス

近年の研究では、生体内において細胞外マトリックス(ECM)は組織を形作るだけでなく、細胞の機能制御に取って重要であることが報告されています。更に、そのECMは生体内においてナノファイバー状の構造を取っており、それがECMとしての機能に重要であることも報告されています。この様に、ECMの重要性が注目されているなかで、従来の細胞培養実験では、ECMの構造には着目されていませんでした。

そこで本グループでは、人工的にECMの構造を模倣するナノファイバー技術を応用し、新規細胞機能(接着、生存、増殖、および分化)制御法の開発を目的としています。さらにナノファイバーに様々な分子やナノ材料(ペプチド、タンパク質、DNA/RNA、およびPCP)を組み込むことも可能であり、より高機能なナノファイバーを作製し、従来法では困難であった細胞機能制御が可能になります。

本グループではナノファイバーECMをより発展させた「Fiber-on-Fiber(FoF)」ECMの開発に成功しています。このFoFはhPSCの大量培養、分化、冷凍保存、および移植に応用可能な基材となっています。柔軟で扱いやすいFoFは、その上で培養した細胞も含めてオリガミのように取り扱うことができます。FoFを含めたナノファイバーECMは、再生医療等への貢献が期待される技術です。


関連文献: